2015年03月12日

昨日は東日本大震災の日

4年前のあの日、統一地方選挙を翌月に迎えていた当事務所は大混乱でした。
この映像は2011年3月13日の深夜、混乱している状況で撮影されました。


直接視聴する

この時はガソリンが入手困難で、電車が止まり、物流も回復していませんでした。
原発事故に伴う計画停電が行われ、事故の影響もさることながら、多数の余震に悩まされました。
物資も不足しがちで、本当に選挙戦が戦えるのか、延期すべきなのではないかと議論していたことを思い出します。

そんな中でも、自分たちにできることはやろうと考え、駅頭では募金を募り、選挙活動とは別に、可能な情報を発信していこうと考えたのでした。

誰もが思ったように、私たちももう二度とあんな嫌な経験はしたくないと思い、その後、川崎市の防災対策を検討するようになったのでした。
使い古された言葉ですが、地震は予知の困難な災害です。避けることはできません。それならどうすべきか。
それは、やはり使い古された言葉ですが、災害に備えるということだと思います。

危険な施設は極力作らない。そして災害が起こっても被害を最小限に抑えられるような施策が必要だということです。


posted by おだかつ at 04:16| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

とどろきアリーナを視察してきました

こちらは、川崎市が震災の被災者を受け入れている、とどろきアリーナの、援助物資置き場です。

ボランティアのみなさんが男女別・サイズ別に分類して置いてくださっているため、選びやすくなっていました。



細かい気配りに、感謝いたします。
posted by おだかつ at 14:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とどろきアリーナ、シャワー室に被災者用洗濯機を設置



等々力アリーナを視察しています。男子シャワー室内には、洗濯機が5台搬入されて、被災者のみなさんが自由に利用できるようになっていました。
女子シャワー室にも別に5台用意されていますので、計10台あります。
posted by おだかつ at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

古くなったパソコンを使って携帯を充電する

最近、おだかつひさ事務所に出入りしてくれているMさんが、情報を提供してくれましたのでご紹介します。

030.JPG

このお店は、川崎市議会のある第2庁舎から歩いて20秒のところにあるローソン100という、100円ショップです。

地震の翌日の3月12日の店内は、既に懐中電灯などの防災グッズは売り切れていましたが、こういう携帯グッズは販売していました。

033.JPG

携帯電話を充電するためのケーブルですが、コンセントに直接差し込むタイプではありません。

032.JPG

auやドコモなど、複数のキャリア別に販売されています。

022.JPG

105円を出して実際に購入したものがこれです。
パソコンを使っている人はこれをどこに差し込むかがもうわかったと思います。

020.JPG

そう、最近のパソコンには必ず付いている、「USBコネクタ」です。

021.JPG

拡大したものがこれですね。

023.JPG

こんな感じで差し込みます。

024.JPG

この携帯は、auのIS04というスマートフォンなので、別のアダプタが必要ですが、普通の携帯なら、直接つなぐことができます。

026.JPG

この通り、実際に充電することができます。


この充電方法の面白いところは以下の通りです。

(1)わずか105円で入手できる
(2)防災グッズの売り切れたショップでも、比較的簡単に入手できる
(3)パソコンに複数のUSBコネクタがあれば、複数のケーブルをたこ足にして充電できる
(4)ノートPCにバッテリがあれば、その電気を充電できる
(5)古くなったノートパソコンでも、バッテリを活用できる

もちろん、電力が復旧していない地域などは使えないでしょうが、計画停電・突発的な停電の場合などは、ノートPCのバッテリで何とか持たせることができます。

Mさんは、普段からノートPCを持ち歩いているので、3月11日の地震直後は、自前で充電できたとのことです。

034.JPG

この話を聞いて、私の知人の会社社長は、携帯の充電器にわざわざ1個のコンセントを使っているのがバカらしくなって、事務所のパソコンにUSBハブを付けて社用の携帯電話を充電しているそうです。
確かに、配線は少なくて済みますね。

参考にしていただければ幸甚です。

携帯を使った防災対策過去ログ
SIMカードを変えるだけで古い携帯も復活
携帯電話を懐中電灯代わりにする


posted by おだかつ at 23:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

東日本大震災と災害時の対策について


http://www.youtube.com/watch?v=SRJQBupksIg

3月19日に鷺沼駅頭で、支援者の皆様のご協力をいただいて、募金活動を行いました。

ご協力ありがとうございました。

民主党の窓口として、お預かりしたお金は被災者支援活動にお届けします。
(このお金は民主党や政治団体への寄付ではありません)

gienkin.jpg

ご送金いただける場合は、下記へお願いいたします。


■郵便振替

(記号)00110−6 (番号)65328 (名義)「民主党募金口座」


■銀行振込

りそな銀行 衆議院支店(328) 普通 7815354 (名義)「民主党募金口座」


■クレジットカード

こちらからお願いします。

posted by おだかつ at 06:06| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

SIMカードを変えるだけで古い携帯も復活

昨日の記事が好評だったので、支援者のMさんが、もうひとつネタをくれました。

スマートフォンに買い換えたばかりのMさんが、先週の地震の際に、あちこちに連絡を取ろうとしてあちこちにかけまくっていたところ、電話がつながらないばかりか、充電が一気に無くなってしまったとのことです。

008.JPG

左がIS04、右がW61Pです。

010.JPG

そこで、スマートフォンのふたを開けて・・・、

011.JPG

SIMカードを取り出して・・・、

012.JPG

古い携帯電話に移したところ、問題なく通話ができたとのことです。

充電がすぐに無くなるスマートフォンユーザーの方は、いざという時の代用品に、古い携帯電話を持ち歩くというのもいいかもしれませんね。

災害時に使えるんじゃないかと思います。
posted by おだかつ at 00:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

携帯電話を懐中電灯代わりにする

地元の100円ショップはもとより、家電量販店もコンビニエンスストアも、懐中電灯は軒並み売り切れです。

おだかつひさ事務所でも、停電対策に買いに行きましたが、残念ながら全て売り切れです。

ところが、支援者のひとりが、機種変更後の古い携帯電話を使って、懐中電灯代わりにする方法を教えてくれましたので、ご紹介します。

004.JPG

これはauのW61Pという機種です。SIMカードを取り出しているので、もう通話はできません。

005.JPG

この携帯の「#」キーを長押しすると・・・。

006.JPG

この通り、裏のLEDライトが点灯します。思いのほか明るいですよ。

もちろん、この機能がついている携帯と、そうでない携帯もあるそうなので、確認が必要ですが、使い古した携帯にこんな機能がついていたら、お得に感じますよね。

それと、少し古くなった携帯なので、それなりに電池パックの持ちが悪いはずなのだそうですが、かなり長い時間、点灯させることができます。しかも充電できるというメリットがあります。

こういうアイディアも停電対策や避難所生活に役立てていただけるような気がするので、当ブログで発信していけたらと思います。

posted by おだかつ at 02:56| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

地震情報へのリンクを増やしてみました

私のホームページのトップに、今回の地震情報をアップしています。
http://www.odakatsu.com/

市議といっても、アクセスできる情報は少ないのが現状でして、支援者の方などから寄せられる情報をたどって行く方が充実していることに気づかされます。

私のできることといえば、ブログや私の公式サイトに有益な情報を紹介していくくらいしかできませんが、ハチドリのひとしずくのごとく、少しでも誰かのお役に立てればと思い、協力させていただきます。

posted by おだかつ at 23:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

地震で第2庁舎にヒビが入る

kawasaki-1.jpg

3月11日の午後2時45分、私は市議会の議場にいました。
もちろん、あの地震の大揺れに驚き、頭が真っ白になりました。
これはその川崎市役所第2庁舎で、川崎市議会のある建物です。
地震直後の様子です。

kawasaki-2.jpg

もともと老朽化していた建物だったのですが、階段のところに見慣れない白い筋が入ってました。

kawasaki-3.jpg

よく見るとヒビです。
私以外の議員もこのヒビの存在に驚いていました。
新しい庁舎を建てろとは申しませんし、ここだけではなく、他にも見直した方が良い市の建物も多いとは思いますが、せめて耐震強度の確認や、改修工事などが必要な気がします。

posted by おだかつ at 17:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏でガソリン不足

昨夜、私の事務所のスタッフから、どこへ行ってもガソリンが確保できないという報告を受けました。
報道によると、精油所が操業を停止しているためのようです。

不要・不急の用件の場合、車の使用は控えた方が良いかと思います。

ガソリンや軽油、首都圏で供給不足 スタンドに長蛇の列(日経新聞)
 東日本巨大地震による製油所の火災や操業停止の影響で、首都圏ではガソリンや軽油など石油製品の不足が深刻になっている。東京都内のガソリンスタンド(GS)には14日未明から給油を待つ長い車列ができた。計画停電などで公共交通機関が混乱し「自家用車での通勤のために給油が増えている」(都内ガソリン販売店)という。

 この石油販売店では消防や救急関連の燃料供給を優先。電車の運休などでバス輸送用の軽油も注文が増えているが「バス会社の注文量の5分の1程度しか軽油を供給できていない」。同販売店のGSは1台当たり20リットルの給油制限をしている。

 小田急バスは「軽油の確保が難しくなっている。金曜までの使用量はなんとか確保したが、それ以降の調達は未定」。同社は限られた燃料を節約するため、当面運行本数を通常の半分にする。

 石油連盟によると3月5日時点のガソリンの国内の在庫量は約217万キロリットル。国内消費の約2週間分の在庫がある。JX日鉱日石エネルギーの仙台製油所(仙台市)や鹿島製油所(茨城県神栖市)など4カ所で操業を停止しているが、稼働中の製油所では毎週100万キロリットル前後の石油を生産している。「国内には十分な供給能力がある」(石油連盟)という。

 操業を停止しているJXの根岸製油所(横浜市)は14日午前から病院や消防などの救命救急車両向けなどを優先して石油在庫の出荷を始めた。製油所の稼働再開は未定。

posted by おだかつ at 13:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・災害情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。